• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[感]目下の者などに呼びかけたり詰問したりするときや、人を強迫したりするときに発する語。おい。こら。「―小僧、こっちを向け」「―金を出せ」
[終助]《間投助詞「や」+終助詞「い」から》体言や、活用語の終止形・命令形、助詞に付く。
  1. 相手に対し強く言い放ったり、強く呼びかけたりする意を表す。…よ。「そんなことではない―」

    1. 「太郎冠者あるか―」〈虎明狂・張蛸〉

  1. 同輩もしくは目下の者に対し軽く命令したり、さげすみはやしたりするときにそえる語。「よせ―」「泣き虫―」

[補説]「やよ」の音変化ともいう。中世末ごろから使用された語。