• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

Masjed-e Emām》イラン中部の都市イスファハーンにあるイスラム寺院。1979年に世界遺産(文化遺産)に登録されたイマーム広場の南側に面する。イラン革命以前の旧称はシャーモスクまたはマスジェデシャー。17世紀初頭、サファビー朝アッバース1世により建設が始まり、彼の死の翌年に完成。青を基調とした正面部分のイーワーン(三方を壁で囲まれた門のような形をしたホール)や二重構造のドームをもつ中央礼拝堂には、鍾乳石 (しょうにゅうせき) を模した精緻な装飾が施されている。同国におけるイスラム建築の傑作として知られる。マスジェデイマーム。マスジェデエマーム。エマームモスク。