• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

インド北部、ウッタルプラデシュ州の都市ラクノウにあるイスラム教の複合宗教施設。1780年代にアウド藩王国の太守アーサーフ=アッダウラーによりイスラム寺院、霊廟、庭園などが造られた。同国におけるイスラム教シーア派の聖地として知られ、多くの巡礼者が訪れる。