1. 平安時代以後、親王の任国と定められていた上総 (かずさ) 常陸 (ひたち) 上野 (こうずけ) の3か国の守 (かみ) の称。

  1. 一般に、幕府の高官や領主のこと。江戸時代には、国持大名の俗称。

  1. 古代中国の郡の長官。代に創設された郡守を代に改称したもの。のち州制の施行によって刺史と改められ、代以後は知事の雅称となった。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

[世界史/東アジア・東南アジア史]カテゴリの言葉

出典:青空文庫