• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ペルー南西部、パラカス半島北部のペヘレイ岬にある地上絵。縦190メートル、幅70メートルで、深さ1メートルの溝により燭台 (しょくだい) が描かれている。ナスカ文化以前、紀元前700年から紀元400年頃に栄えたパラカス文化時代のものとされる。