• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

Sykes-Picot Agreement第一次大戦中の1916年に英国・フランス・ロシアが締結した、戦後のオスマン帝国の領土分割に関する秘密協定。名称は、原案を作成した英国の中東専門家マーク=サイクス(Mark Sykes)と、フランスの外交官フランソワ=ジョルジュ=ピコ(François Georges-Picot)に由来。→フサインマクマホン協定バルフォア宣言

[補説]旧オスマン帝国領のうち、現在のイラク南部・クウェートサウジアラビア東部・ヨルダンにあたる地域をイギリスが、シリアレバノン・イラク北部などをフランスが、黒海沿岸などをロシアが勢力圏とすると約束しあった。パレスチナは英仏共同統治とされた。