[名](スル)
  1. 数学で、同一の数を3回掛け合わせること。立方。a×a×aa3のように示す。和算では、同一数の掛け算を3回行うことで、4乗にあたる。

  1. 《「乗」は乗り物の意》仏語。

    1. ㋐衆生 (しゅじょう) を悟りに導く3種の教法を乗り物にたとえたもの。すなわち、声聞乗 (しょうもんじょう) 縁覚乗 (えんがくじょう) 菩薩乗 (ぼさつじょう) 

    2. 小乗大乗一乗のこと。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

[数学/数学の言葉]カテゴリの言葉