1. ひと続きのものの初め。また、いくつかに区分したものの初め。

    1. ㋐川の上流。また、その流域。川上。「―へ船で上る」「川沿いを―に一キロほど行く」⇔下 (しも) 

    2. ㋑時間的に初めと考えられるほう。昔。いにしえ。「―は奈良時代から下 (しも) は今日まで」⇔下 (しも) 

    3. ㋒ある期間を二つに分けた場合の前のほう。「―の半期」⇔下 (しも) 

    4. ㋓月の上旬。「寄席の―席を聴きに行く」

    5. ㋔物事の初めの部分。前の部分。「―に申したごとく」「―二桁 (けた) の数字」「―の巻」⇔下 (しも) 

    6. ㋕和歌の前半の3句。「―の句」⇔下 (しも) 

  1. 位置の高い所。

    1. ㋐上方に位置する所。上部。「山の―にある村」⇔下 (しも) 

      「几帳 (きちゃう) の―よりさしのぞかせ給へり」〈紫式部日記

    2. ㋑からだの腰から上の部分。「―半身」⇔下 (しも) 

    3. ㋒上位の座席。上座。上席。「主賓が―に座る」⇔下 (しも) 

    4. ㋓台所などに対して、客間・座敷や奥向きをさす語。⇔下 (しも) 

    5. ㋔舞台の、客席から見て右のほう。上手 (かみて) 。「主役が―から登場する」⇔下 (しも) 

  1. 地位・身分の高い人。

    1. 天皇の敬称。陛下。「―御一人」

    2. ㋑高位・上位にある人。「―は皇帝から下 (しも) は庶民に至るまで」⇔下 (しも) 

    3. ㋒朝廷・政府・官庁などの機関。また、為政者。「お―からのお達し」→御上 (おかみ) 

    4. ㋓他人の妻、また、料理屋の女主人などを軽い敬意を含んでいう語。「隣家のお―さん」「料亭のお―」→御上 (おかみ) 

  1. 皇居のある地。

    1. ㋐都。京都。また、その周辺。「―へのぼる」「―方 (かみがた) 」

    2. ㋑京都で、御所のある北の方角・地域。転じて一般に、北の方の意で地名などに用いる。「河原町通りを―へ向かう」「―京 (かみぎょう) 」「―井草 (かみいぐさ) 」⇔下 (しも) 

    3. ㋒他の地域で、より京都に近いほう。昔の国名などで、ある国を二分したとき、都から見て近いほう。「―諏訪 (かみすわ) 」「―つけ(=上野 (こうずけ) )」⇔下 (しも) 

  1. 格や価値が優れているほう。

    1. 「人丸は赤人が―に立たむこと難 (かた) く」〈古今・仮名序〉

    1. ㋐年長の人。

      「七つより―のは、みな殿上せさせ給ふ」〈・若菜下〉

    2. ㋑主人。かしら。

      「―へ申しませう」〈狂言記・角水〉