• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 江戸時代、長崎での外国貿易の一方法。双方の売物・買物の合計額が同じとなるように品物を交換した物々交換取引。貞享3年(1686)に始まり、宝永5年(1708)廃止。

  1. 品物と品物とを交換すること。物々交換。

    1. 「板行名号、安産の守りと、―の蒲焼き」〈当世下手談義・三〉

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉