[動ラ五(四)]

  1. 多すぎて残りが出る。使いきれずに残る。「—・った小遣いは貯金する」「人手が—・る」

  1. (多く「…にあまる」の形で)

    1. 数量などがある基準を超える。「身の丈六尺に—・る大男」「五万人に—・る観客

    2. 程度や力などが、ある程度以上にはなはだしくなる。「勢い—・って転倒する」「目に—・る言動」「身に—・る重責

  1. 割り算で、割り切れないで残りが出る。

  1. いっぱいになってあふれる。

    1. 「忍び給へど、御袖より(涙ガ)—・るも、所せうなむ」〈須磨

[用法]あまる・[用法]のこる——「余る」はある基準の量を超えて何かがあること。「旅館の支払いが済んでも金が余る」「身に余る光栄」「自分の手に余る難しい問題」「一〇を三で割ると三が立って一が余る」などと用いる。◇「残る」は、なくならないで、まだある場合に用いる。「金が使いきれずに残る」「十分考えたが、まだ疑問が残っている」「一〇から八引くと二残る」◇「御飯のおかずが余った」は、四人の食事に六人分のおかずがあって食べきれなかったというような場合。四人分用意されていたのに、全部は食べきれなかったときは「おかずが残った」となる。

出典:青空文庫

出典:gooニュース

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。