• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

神道五部書の一。1巻。神護景雲2年(768)禰宜 (ねぎ) 五月麻呂 (さつきまろ) の撰と伝えるが、建治・弘安(1275~1288)のころ、伊勢外宮の神官の渡会行忠 (わたらいゆきただ) の撰になったもの。天地開闢 (かいびゃく) から、皇大神宮の各地御還幸、雄略天皇の代の外宮鎮座に至る詳細を記す。大神宮神祇本紀。

[宗教・思想/神道]カテゴリの言葉