江戸末期、海防の目的で要害の地につくった砲台。→品川台場
東京都港区の地名。東京港埋立13号地の北部を占め、臨海副都心を形成する。東京港の浚渫 (しゅんせつ) 土砂でできた13号地を、昭和57年(1982)に港・江東品川の3区で分割。一般に、分割された江東区青海・品川区東八潮も含め、13号地全域を「お台場」と呼ぶことが多い。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉

[地理/日本地名/関東]カテゴリの言葉

出典:青空文庫