[名](スル)
  1. 性質などが変わること。また、その変わった性質。

    1. 「倫理の情は度々の経験を積んで―せる私利心なり」〈田口日本開化小史

  1. たんぱく質のアミノ酸配列はそのままで、立体構造が変化すること。熱などの物理的あるいは化学的刺激によって起こり、ふつう生物的な活性は低下する。また、核酸の二本鎖の水素結合が切れ、一本鎖になること。

  1. 細胞の代謝障害によって、異常物質が産生されたり形態的に変化したりすること。