• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《原題、(スペイン)El obsceno pájaro de la nocheドノソの長編小説。1970年刊。聾唖 (ろうあ) の老人による独白の形式で、ブルジョア階級の無惨な崩壊ぶりを描いた。現実と幻想の入り混じる実験的な小説で、ラテンアメリカ文学を代表する作品の一つ。