• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《古くは「おおとのほかい」》宮殿に災害のないように、祈り鎮める儀式。神今食 (じんこんじき) 新嘗祭 (しんじょうさい) 大嘗祭 (だいじょうさい) の前後、または皇居の移転などののちに行われた。