• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 歌曲の歌いぶりで、粗野な田舎風のもの。ひなぶり。

    1. 「古今仮名序に貫之の書ける、天の浮橋の―と云ふは則ち連歌なり」〈筑波問答

  1. 狂歌

    1. 「おしなべて―大はやり」〈咄・一雅話三笑〉

[補説]古事記の「夷振 (ひなぶり) 」、日本書紀の「夷曲 (ひなぶり) 」が誤解されて生じた語。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉