(梵)sahāの音写。忍土・堪忍土などと訳す》

  1. 仏語。釈迦が衆生 (しゅじょう) を救い教化する、この世界。煩悩 (ぼんのう) や苦しみの多いこの世。現世。娑婆世界。

  1. 刑務所・兵営などにいる人たちが、外の自由な世界をさしていう語。「娑婆の空気」「娑婆に出る」

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉