• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 零歳時における平均余命

  1. 不安定な素粒子原子原子核が作られてから、他のものに変化してしまうまでの寿命。崩壊定数の逆数に等しい。

[補説]1について、厚生労働省が発表した令和2年簡易生命表による零歳男の平均余命は81.64年、零歳女の平均余命は87.74年。

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉

[医学/医学の言葉]カテゴリの言葉

出典:gooニュース