[名](スル)
  1. 貴人や目上の人に会うこと。お目にかかること。「社長に―する」

  1. 新しくできたものなどが、初めて人々の前に姿を現すこと。「近く新車が―する」

  1. 歌舞伎などで、俳優が初めて、または久しぶりに観客の前で演技をすること。初舞台、ある劇場への初出演など。

  1. 江戸時代、大名旗本が将軍に直接お目通りすること。また、その資格。→御目見以上御目見以下

  1. 奉公人が正式に雇われる前に、試験的に短期間使われること。

    1. 「たびたび―に出ますが、兎角 (とかく) に故障がございまして」〈滑・浮世風呂・二〉

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉