• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

作者が日常生活で目に触れたものを描きながら、その中に自己の心境を調和のとれた筆致で表現した小説。志賀直哉城 (き) の崎にて」、尾崎一雄「虫のいろいろ」など。