[動ラ五(四)]

  1. ひもや縄などを掛けて、ばらばらの物を一つにまとめて縛る。束ねる。「古新聞をひもで―・る」

  1. ある物に他の物を縛りつける。ひっくくる。「犯人を木に―・る」

  1. 物事にまとまりをつける。締めくくる。「話を―・る」

  1. 一つにまとめる。ひとまとまりにする。「数式a+bを括弧で―・る」「アイドルとひと言で―・るのは無理がある」

  1. (「縊る」とも書く)自分で首をつって命を絶つ。縊死 (いし) する。「首を―・る」

  1. (「たかをくくる」の形で)程度を予測する。物事を軽くみる。見くびる。「ちょっとした傷とたかを―・る」

  1. (「腹をくくる」の形で)覚悟を決める。決意を固める。「腹を―・って結果を待つ」

  1. くくり染めにする。

    1. 「ちはやぶる神代も聞かず竜田川からくれなゐに水―・るとは」〈古今・秋下〉

  1. 自由を拘束する。引き留める。

    1. 「耳へ入れば夜明けまで―・られる」〈浄・天の網島

[可能]くくれる
[用法]くくる・[用法]しばる――「荷物をひもでくくる(しばる)」「犯人をくくる(しばる)」などでは、相通じて用いられる。◇「くくる」は「袖口をくくる」「括弧 (かっこ) でくくる」のように、ばらばらな物をまとめる意に重点があり、この場合「しばる」は使わない。◇「しばる」は「傷口をしばる」「校則でしばる」など、動かないようにする、束縛するの意に重点があり、この場合「くくる」は使わない。◇類似の語に「むすぶ」「しめる」がある。ひもなどの端を組み合わせてつなぐのが「むすぶ」で、より強く結ぶのが「しめる」である。

出典:青空文庫