節刀を持つこと。また、その使者あるいはその任務。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉