1. 随身 (ずいじん) などがその本官の役所に出仕せず、他の者、特に有力貴族などに所属していること。また、その人。

  1. 古代末期から中世にかけて、貴族や社寺に隷属し、労務を提供する代わりに年貢を免除された人々の居住地。また、その住民。鎌倉中期以降、浮浪生活者などを散所とよぶようになり、多く賤民視された。中世末から近世にかけては、卜占 (ぼくせん) や遊芸を業とする者も現れた。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代]カテゴリの言葉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉