1. 神を招いて、お告げを聞く清浄な場所。

    1. 「建内宿禰 (たけのうちのすくね) ―に居て、神の命 (みこと) を請ひき」〈・中〉

  1. 神のお告げを承る人。霊媒者。さにわびと。

    1. 「中臣 (なかとみ) の烏賊津 (いかつ) の使主 (おみ) を喚 (め) して、―とす」〈神功紀〉

  1. 神楽 (かぐら) の和琴奏者。

[補説]「さ」は神稲の意とも、「さや(清)」の略ともいう。

[宗教・思想/神道]カテゴリの言葉

出典:青空文庫