• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

農林水産省が、重要かつ伝統的な農林水産業を営む地域を認定する制度。平成28年(2016)開始。→ジアス(GIAHS)

[補説]日本農業遺産認定地域 ※はGIAHS(世界農業遺産)認定地
宮城県大崎地域「『大崎耕土』の巧みな水管理による水田システム」(平成28年)※
埼玉県武蔵野地域「武蔵野の落ち葉堆肥農法」(平成28年)
山梨県峡東地域「盆地に適応した山梨の複合的果樹システム」(平成28年)
静岡県わさび栽培地域「静岡水わさびの伝統栽培」(平成28年)※
新潟県中越地域「雪の恵みを活かした稲作・養鯉システム」(平成28年)
三重県鳥羽・志摩地域「鳥羽・志摩の海女漁業と真珠養殖業」(平成28年)
三重県尾鷲市、紀北町「急峻な地形と日本有数の多雨が生み出す尾鷲ヒノキ林業」(平成28年)
徳島県にし阿波地域「にし阿波の傾斜地農耕システム」(平成28年)※
山形県最上川流域「歴史と伝統がつなぐ山形の「最上紅花」-日本で唯一、世界でも稀有な紅花生産・染色用加工システム-」(平成30年)
福井県三方五湖地域「三方五湖の汽水湖沼群漁業システム」(平成30年)
滋賀県琵琶湖地域「森・里・湖 (うみ) に育まれる漁業と農業が織りなす琵琶湖システム」(平成30年)
兵庫県兵庫美方地域「兵庫美方地域の但馬牛システム」(平成30年)
和歌山県海南市下津地域「下津蔵出しみかんシステム」(平成30年)
島根県奥出雲地域「たたら製鉄に由来する奥出雲の資源循環型農業」(平成30年)
愛媛県南予地域「愛媛・南予の柑橘農業システム」(平成30年)