[名](スル)
  1. 詩歌などを、節をつけて声高くうたうこと。吟詠。「人麿の歌を朗詠する」

  1. 平安中期から流行した歌謡で、漢詩文の一節を朗吟するもの。中世以降、雅楽化された。詞章となる詩歌を収めたものに「和漢朗詠集」などがある。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

[美術・音楽/音楽]カテゴリの言葉

出典:青空文庫