1. 決まった規則にきちんと合っていること。また、正しい規則。

  1. 漢詩の律詩・絶句において、五言では初句の第2字が仄字 (そくじ) で起こされるもの、七言では初句の第2字が平字 (ひょうじ) で起こされるもの。⇔偏格

  1. 正格活用」の略。