」の濁音。軟口蓋の有声破裂子音[ɡ]と母音[a]とから成る音節。[ɡa]ただし、現代共通語においては、一般に語頭以外では鼻音の頭音をもつ[ŋa]となる(これを鼻濁音の「が」ともいう)。

[補説]歴史的仮名遣いの合拗音「ぐゎ」は現代仮名遣いでは「が」と書く。「ぐゎか(画家)」は「がか」、「ぐゎいこく(外国)」は「がいこく」など。
  1. われ。自分。自我。「我の意識」

  1. 自分の意志や考えを言い張って、人の言葉に従わないこと。わがまま。「あくまでも我を張り通す」

  1. (梵)ātmanの訳》仏語。人間の個体そのもの。また、その個体の中心生命。

絵。絵画。

  1. 喜び祝うこと。祝い。「米寿の賀」

  1. 勅撰 (ちょくせん) 和歌集の部立ての一。祝賀の歌をおさめる。

鱗翅 (りんし) 目の昆虫のうち、チョウ類を除いたものの総称。主に、夜間活動し、胴が太く地味な色で、触角は糸状・羽毛状・くしの歯状などをし、静止するときにチョウのように翅 (はね) を立てないものをいう。幼虫は毛虫芋虫が多く、さなぎになるときにを作るものが多い。日本には約5000種が分布。カイコガハマキガドクガスズメガヤガシャクガヒトリガなど。 夏》

馬が引く車や駕籠 (かご) 。

[名・形動]みやびやかなこと。奥ゆかしいこと。また、そのさま。風流。
    1. 「馬が尿 (いばり) するのをさえ―な事と見立てて」〈漱石草枕

[名]詩経」の六義 (りくぎ) の一。王朝の儀式や宴席でうたわれた詩歌。大雅小雅に分かれる。
[接]《接続助詞「が」から》前に述べた事柄と相反する内容を述べるのに用いる語。だが。けれども。「早朝だった。が、多くの人が集まっていた」
[格助]名詞または名詞に準じる語に付く。
  1. 動作・存在・状況の主体を表す。「山がある」「水がきれいだ」「風が吹く」

    1. 「兼行 (かねゆき) ―書ける扉」〈徒然・二五〉

  1. 希望・好悪・能力などの対象を示す。「水が飲みたい」「紅茶が好きだ」「中国語が話せる」

    1. 「さかづき―たべたいと申して参られてござる」〈虎明狂・老武者〉

  1. (下の名詞を修飾し)所有・所属・分量・同格・類似などの関係を示す。

    1. ㋐所有。…の持つ。「われらが母校」

      「君―名もわ―名もたてじ難波なるみつとも言ふなあひきとも言はず」〈古今・恋三〉

    2. ㋑所属。…のうちの。

      「上 (かみ) (=上級)―上はうちおきはべりぬ」〈・帚木〉

    3. ㋒分量。

      「この二三年―うちの事なるべし」〈今昔・二七・三七〉

    4. ㋓同格。…という。

      「明日―日、眼 (まなこ) をふさぐとも」〈浄・宵庚申

    5. ㋔類似。…のような。

      「象潟 (きさかた) や雨に西施 (せいし) ―ねぶの花/芭蕉」〈奥の細道

  1. (準体助詞的に用いて)下の名詞を表現せず、「…のもの」「…のこと」の意を表す。

    1. 「この歌はある人のいはく、大伴のくろぬし―なり」〈古今・雑上・左注〉

  1. 形容詞に「さ」の付いたものを下に伴って、それとともに感動を表す。…が…(であることよ)。

    1. 「塵泥 (ちりひぢ) の数にもあらぬ我ゆゑに思ひわぶらむ妹 (いも) ―かなしさ」〈・三七二七〉

  1. 連体句どうしを結んで、その上下の句が同格であることを表す。…(なもの)であって…(なもの)。

    1. 「いとやむごとなき際 (きは) にはあらぬ―、すぐれて時めきたまふありけり」〈・桐壺〉

  1. (「からに」「ごとし」「まにまに」「むた」「やうなり」などの上に置かれ)その内容を示す。

    1. 「吹く風の見えぬ―ごとく跡もなき世の人にして」〈・三六二五〉

[補説]2は、中古末期に生じた。対象語とよぶ説や連用修飾語とする説もある。3は、現代語では、文語的表現や、「それがために」などの慣用的表現に使われる。なお、古語で、人名や人を表す体言に付く場合、「の」に比して、「が」は親しみを込めたり卑しんだりする意を表すといわれる。5は、上代に限られ、連体格助詞から主格助詞への過渡的用法とみられる。6は、連体格または体言相当句中の主格を示すものとみる説もある。
[接助]4の用法から発達して中古末期に確立した》活用語の終止形(古語では連体形)に付く。
  1. 単に前の句をあとの句へつなぐ意を表す。「すみませんが、しばらくお待ちください」

    1. 「御むすめのはらに女君二人男君一人おはせし―、この君たちみな大人び給ひて」〈大鏡・道隆〉

  1. 相反する句をつなげる。けれども。「昼は暖かいが、夜はまだまだ寒い」「走りつづけたが、間に合わなかった」

    1. 「昔より多くの白拍子 (しらびゃうし) ありし―、かかる舞はいまだ見ず」〈平家・一〉

  1. (推量の助動詞に付いて)それに拘束されない意を表す。「行こうが行くまいが、君の勝手だ」

[終助]
  1. 言いさしの形で用いる。

    1. ㋐ある事柄の実現することを願う意を表す。「この風がやめばいいが」

    2. ㋑はっきり言うのをためらう意を表す。「こちらのほうがよろしいと思いますが」

      「なるほどさう聞きや、おまへのがほんまにもっともらしい―」〈滑・浮世風呂・二〉

    3. ㋒不審の意を表す。「おかしいな、八時に集合のはずだが」

  1. (多く体言や体言の下にののしる意の接尾語「め」を伴ったものに付いて)ののしりの感情を強める。「このあほうめが」「あいつめが」

    1. 「敵 (かたき) の回し者め―」〈伎・幼稚子敵討〉

  1. (助詞「も」に付き、多くは下に感動の助詞「な」「も」などを伴って)感動を込め、実現できそうもない願望を表す。…があったらなあ。…であってほしいなあ。→もがもがな

    1. 「あしひきの山はなくも―月見れば同じき里を心隔 (へだ) てつ」〈・四〇七六〉

[補説]1は接続助詞「が」でとめ、下を省略した形から生じた用法。3は「てしか」(てしが)「にしか」(にしが)の「か」「が」と関係づける説もある。