[形][文]すず・し[シク]
  1. 温度や湿度が程よくて気持ちがいい。さわやかだ。「―・い木陰」 夏》「此あたり目に見ゆる物はみな―・し/芭蕉

  1. 少し冷たくてひやりとする。「めっきり―・くなった」

  1. 清らかで、すがすがしい。「目元が―・い」

  1. すがすがしく、きっぱりしている。「言葉―・く述べる」

  1. 平然としている。→涼しい顔

  1. いさぎよい。

    1. 「実 (まこと) に思ひ切ったる体 (てい) かなと、まづ―・しくぞ見えたりける」〈太平記・二五〉

  1. 潔白である。

    1. 「おそらく―・しいこの新七に、無い難つけて」〈浄・淀鯉〉

[派生]すずしがる[動ラ五]すずしげ[形動]すずしさ[名]

出典:青空文庫

出典:gooニュース