• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

東日本の縄文晩期の磨製石器。両端がとがり、中央に2か所、節があり、仏具の独鈷 (とっこ) に似ているところからの名称。呪術・祭儀などに用いたとみられる。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉