• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

狂言。和泉 (いずみ) 流では「雷」。広野に落ちて腰を打った雷が、通りかかった医者に針療治してもらい、治療代のかわりとして、五穀のためによい天候を保つことを約束して、天上に帰る。

[演劇・映画/能・狂言の作品]カテゴリの言葉