《科目によって人材を挙げ用いる意》中国で古くから行われた官吏登用のための資格試験。隋 (ずい) の時代に制定され、清 (しん) 末の1905年に廃止された。唐代には秀才・明経・進士など六科 (りくか) があり、経書や詩文について試験を行ったが、代からは進士の一科となり、試験も解試省試殿試の三段階となり、明清代でも郷試会試殿試が行われた。官吏としての栄達にかかわるため、きびしい競争があり、弊害も大きかった。

[世界史/東アジア・東南アジア史]カテゴリの言葉