• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「かまはらい」とも》

  1. 毎月末日に、巫女 (みこ) が民家のかまどの祓いをし、清めたこと。また、その巫女。荒神ばらい。かまどばらい。かまじめ。 冬》

  1. 1の巫女で売春をするもの。転じて、売春婦。

    1. 「―の神子 (みこ) 男ばかりの内を心懸くると」〈浮・男色大鑑・一〉