滋賀県大津市南部の地名。古来、交通の要地。「逢わず」の意味を掛け、「粟津野」「粟津の原」などの形で歌に詠まれた。[歌枕]

「関越えて―の森の会はずとも清水に見えし影を忘るな」〈後撰・恋四〉

出典:青空文庫

出典:gooニュース