• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

シロチョウ科のチョウ。早春から出現する。翅 (はね) の開張約5センチ。雄の翅は黄色で、前翅の外縁に黒紋、後ろ翅の中央に黄白色の円紋をもつ。雌は黄色と黄白色とがある。幼虫の食草はウマゴヤシコマツナギなど。年数回発生し、幼虫の状態で越冬。 春》

[生物/動物名]カテゴリの言葉

[春/動物]の季語