• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

木崎さと子の長編小説。パリのアパルトマンの、緋色の部屋を舞台に、母と子の悲劇を描く。平成14年(2002)刊。