• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《原題、(フランス)Les Infortunes de la vertuサドの長編小説。修道院で育てられた娘ジュスティーヌが、宗教的美徳や礼節を守ろうとした結果、逆に不幸な運命を背負わされていくさまを描く。1791年刊行。のちに大幅な加筆がなされ、「新ジュスティーヌ」として1797年に発表された。ジュスティーヌの姉を主人公とする「悪徳の栄え」と対になる作品。ジュスティーヌまたは美徳の不幸。

[文学/外国の作品]カテゴリの言葉