• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 上着。女房などが、袿 (うちき) ・打ち衣 (ぎぬ) の上に着たもの。

    1. 「御―はいづれをか奉らむ」〈宇津保・内侍督〉

  1. 上を覆うもの。覆い。

    1. 「車の簾、かたはらなどに挿し余りて、―、棟などに」〈・九九〉

  1. 屏風 (びょうぶ) の縁を押さえる添え木。襲木 (おそいぎ) 。

    1. 「―にはみな蒔絵 (まきゑ) したり」〈栄花・衣の珠〉

  1. 屋根板を押さえる石や木。

    1. 「今朝、―の石、水門へおびただしく落ちて候ふほどに」〈戴恩記

[生活/ファッション]カテゴリの言葉