• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

茨城県中北部、常陸 (ひたち) 太田市にある山荘水戸2代藩主徳川光圀 (みつくに) が没するまでの10年間、隠居生活を送った場所で、当時は西山御殿とよばれた。現存する建物は、文政2年(1819)に8代藩主斉脩 (なりのぶ) が再建したもので、規模は約3分の1に縮小された。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉

[地理/日本地名/関東]カテゴリの言葉

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。