• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

茨城県中北部、常陸 (ひたち) 太田市にある山荘。水戸2代藩主徳川光圀 (みつくに) が没するまでの10年間、隠居生活を送った場所で、当時は西山御殿とよばれた。現存する建物は、文政2年(1819)に8代藩主斉脩 (なりのぶ) が再建したもので、規模は約3分の1に縮小された。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉

[地理/日本地名/関東]カテゴリの言葉