[動マ上一][文][マ上一]《心見る、の意》
  1. 実際に効力・効果などをためすために行う。ためしにやってみる。「実験を―・みる」「抵抗を―・みる」

  1. 試飲・試食をする。

    1. 「此の飯 (いひ) と今の供養の飯と速やかに―・み合はすべし」〈今昔・四・二〉

[用法]こころみる・[用法]ためす――「機械がうまく動くかどうかもう一度試みる(試す)」など、とにかくやってみるの意では相通じて用いられる。◇「試みる」は、どんな結果になるかわからないが、とにかくやってみるという意が強い。「被災地と連絡を取ろうと試みたが駄目だった」などと使う。◇「試す」は「耐久性を試す」「恋人の心を試す」など、対象とするものの性能・実態を知るためにやってみるの意が強い。

出典:青空文庫

出典:gooニュース