• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

和歌山県北東部、田辺市龍神村五百原と奈良県吉野郡十津川村の県境にある山。標高1372メートル。日高川の水源地。隆起準平原で、山頂に平坦面がある。かつて修験者 (しゅげんじゃ) の道場だった。南西麓は高野竜神国定公園に属する。山名の由来は、屋島の戦いに敗れた平維盛 (これもり) 高野 (こうや) 山を経て逃れてきたとき、この地で平家の命運を占うために護摩を焚 (た) いたという伝説から。護摩壇岳。