[形][文]かしこ・し[ク]
  1. (賢い)頭の働きが鋭く、知能にすぐれている。利口だ。賢明だ。「―・くて聞き分けのいい子供」

  1. (賢い)抜け目がない。要領がいい。「あまり―・いやり方とはいえない」「もっと―・く立ち回れよ」

  1. 恐れ多く、もったいない。

    1. 「おことばはまことに―・くて、なんとお答えいたしていいか、とみにことばもいでませぬ」〈賢治・北守将軍と三人兄弟の医者〉

  1. 神や自然などの超越的なものに対して、畏怖の念を覚えるさま。恐ろしい。恐るべきだ。

    1. 「わたつみの―・き道を安けくもなく悩み来て」〈・三六九四〉

  1. 尊い。ありがたい。

    1. 「―・き御蔭をば頼みきこえながら」〈・桐壺〉

  1. すばらしい。結構だ。りっぱだ。

    1. 「おのが―・きよしなど」〈・三〉

  1. 都合がよい。運がいい。幸いだ。

    1. 「―・く京の程は雨も降らざりしぞかし」〈大鏡・道長下〉

  1. (連用形を用いて副詞的に)程度のはなはだしいさま。非常に。盛大に。

    1. 「いと―・く遊ぶ」〈竹取

[派生]かしこげ[形動]かしこさ[名]

出典:gooニュース