• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 町を流して歩く太神楽 (だいかぐら) 

  1. 歌舞伎下座音楽の一。篠笛 (しのぶえ) 桶胴 (おけどう) または大太鼓による囃子 (はやし) 1を模したもので、初春の郭 (くるわ) の場面などに用いる。