• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸時代の、幕府または諸藩の徴租台帳。地方 (じかた) 三帳の一。本途物成 (ほんとものなり) 小物成 (こものなり) 高掛物 (たかがかりもの) 、その他定納の運上冥加 (みょうが) などにつき、一村ごとの貢納額を記した帳簿。成箇 (なりか) 郷帳。取箇 (とりか) 郷帳。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉