[名]
  1. 重ねること。また、重ねたもの。

  1. 衣服を重ねて着ること。また、その衣服。重ね着。

  1. (襲)平安時代、袍 (ほう) の下に重ねて着た衣服。下襲 (したがさね) 。

  1. (襲)襲 (かさね) の色目。「紅梅―」

[接尾]助数詞。数を表す和語に付いて、重なっているもの、重ねてあるものを数えるのに用いる。「重箱ひと―」「ひと―の座布団」

出典:青空文庫