• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 錠を取り付けた箇所。

  1. 将軍・大名などの邸宅で、表と奥との境にあった出入り口。内外から錠がおろされていた。御錠口 (おじょうぐち) 。

  1. 江戸幕府の職名。大奥の錠口を守衛した女中。錠口番。