• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 武士が道で行き違うときに、互いに刀の鞘に触れたのをとがめ、争うこと。さやとがめ。転じて、ささいなことからおこるけんか・争い。

  1. 一人の女性をめぐり二人の男性が争うこと。「恋の鞘当て」

  1. 歌舞伎趣向の一つで、二人の武士が鞘を当てたことから争いになるというもの。元禄10年(1697)江戸中村座上演の「参会名護屋 (さんかいなごや) 」が最初で、現在の形は文政6年(1823)江戸市村座上演の「浮世柄比翼稲妻 (うきよづかひよくのいなずま) 」の吉原仲の町の場による。

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉