• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

大極殿紫宸殿 (ししんでん) 清涼殿などの正面の中央の柱と柱との間。ここの上長押 (かみなげし) に、建物の名を書いた額がかけてあることによる。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉