歌舞伎十八番の一。時代物。1幕。貞享元年(1684)に初世市川団十郎が自作の「門松四天王」で演じたのが始まりとされる。能の「一角仙人」に取材し、高僧が美女の誘惑に戒を破る話を扱ったもの。現在の定型は、寛保2年(1742)2世団十郎が、大坂佐渡島座で初演した安田蛙文ほかの合作「雷神不動北山桜 (なるかみふどうきたやまざくら) 」の4幕目による。

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃の作品]カテゴリの言葉

出典:青空文庫