• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸中期、赤本に次いで、延享(1744~1748)ころから青本とともに婦女子の間で流行した草双紙 (くさぞうし) の一。黒い表紙で、歌舞伎・浄瑠璃のあらすじや英雄伝などを題材にした絵本。黒表紙。